Knoop

Knoop 試験方法

Knoopの圧子は、Vickersと異なり非幾何学的な圧こんとなります。特に200 gf未満の試験力では、Knoop硬度に大きなばらつきがあります。

Knoop硬度は通常、バルク硬度の定義には使用されませんが、ASTMのような標準が他の試験スケールに変換する500gfでは使用されます。
また、Knoop試験は特定の状況では必要とされるかもしれないが、1000gfを超える試験力では実施すべきでありません。

長いKnoop圧こんと短い圧こんとの間には大きな差があるため、Knoop圧子はVickers圧子と比較して非常に短い距離での硬度の変化を測定するのに適していることが多い。25gf以下の力でのVickers試験およびヌープ試験は、光学顕微鏡による非常に小さな圧痕(20μm未満)の測定が高精度かつ再現性をもって困難であるため、不正確になりやすいです。

標本の損傷は標本の準備において、テスト結果に影響を与える可能性があります。 この問題は、試験力が低下するにつれてより重大になります。