Brinell

Brinell 試験方法

ブリネル硬度試験は今日一般に使用されている最も古い硬度試験方法です。 これは1900年にJohan August Brinell
博士によってスウェーデンで発明されました。この試験は、正確なロックウェルまたはビッカース試験のために粒状構 造があまりにも粗い鋳物および鍛造材の硬度を決定するためによく使用されます。

ほぼすべての金属は、単にボールの大きさと試験力を変化させることによってブリネル試験で試験することができます。
ボールの大きさと力の比を一定に保つ限り、結果は正確であるとみなされます。
ブリネル硬度試験の結果は、製品出荷の受入れの基礎として、および品質管理の目的のために、産業界で広く使用さ
れている。これらの結果は、延性、引張強度、耐摩耗性などの金属特性と相関する面があります。
ブリネル試験は、2つのステップからなる圧痕硬さ試験です。

ステップ1、圧子を試験片の表面に垂直に接触させ、指定された試験力を加える。 試験力は指定された時間保持され、その後取り出される。
ステップ2:窪みの直径は、互いに垂直な少なくとも2つの方向で測定される。 ブリネル硬度値は、硬度を検出する数式 の使用による直径測定の平均から、またはより頻繁には式に基づくチャートから計算されます。

すべてのブリネルモデルの表示