製品

ロックウエル硬さ試験機





ロックウエル硬さ試験機

ISO 6508およびASTM E-18で定義されているロックウェル試験法は、材料の硬度を決定する最も一般的に使用される方法であり、ほぼすべての金属に適しています。 これは、圧子の力/負荷によって生成される恒久的な窪みの深さを測定します。 ロックウェル試験は、一般に他のタイプの硬さ試験方法よりも実行しやすく、迅速です。 この方法は、他のタイプの硬度試験方法よりも正確である。 ロックウェル硬度の主な利点は硬度値を直接表示できることです。

ロックウェルのスケールは、材料の押し込み硬度に基づいています。 1つの文字で表され、異なる負荷やインデントを使用するさまざまなスケールがあります。 試験の際、押し込み硬度は引張強度と直線的に相関します。 

測定手順

前述のように、ロックウェル法は、圧子の力/荷重によって生成される恒久的な窪みの深さを測定します。 ロックウェル硬度は、予備試験力(軽荷重または予荷重)を加え、その後に追加の荷重(主荷重)を加えて必要な試験荷重に達することによって決定されます。 マイナーロードは、ゼロまたは基準位置を提供します。 主要な負荷は、弾性回復を可能にするために所定の時間(滞留時間)の間適用され、保持される。 その後、軽負荷を維持したまま、大きな負荷が除去されます。

ロックウエル硬さ試験機

以下は、ロックウェルのテストシステムです。 NEXUSおよびNEMESISシリーズは、R&D施設の保証された製品であり、すべての電子基板およびハイテクコンポーネントは、オランダでトップクラスの下請け業者によって製造されています。

カスタマイズ

テスターへの関心の初期段階では、営業チームが必要な情報を収集し、個々の要件に合わせた製品を提供します。 ソフトウェアとハードウェアの両方でカスタマイズされたソリューションをご要望下さい。 お客様と緊密に協力して、お客様の仕事に適した構成を開発して提供します。

EU JA